職人日記

飾屋しろがね職人の原田明徳のブログです。
商品も販売しています。
http://www.kazariya-shirogane.com
今年も一年ありがとうございました。
0
     今年も間も無く終わろうとしております。


    本年も飾屋しろがねをご愛顧いただき、
    本当にありがとうございました。


    今年ほどに、
    振り返るに言葉も時間も何もかもが足りないと思う年はございません。


    飾屋としては、
    新作よりも、
    個人様よりの別注の製作がメインとなった年でもあり、
    いろいろな方々から私に依頼をしてくださったことに、
    深く感謝いたします。

    ありがとうございました。


    そこで得られた知識や技術を、
    来年は飾屋しろがねとしての作品に還元していきます。


    より多くの方に、より多くの作品がお届けできるよう、
    より一層の精進を誓います。



    それでは、皆様よいお年をお迎えくださいませ。


    大晦日によせて。

    16:04 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |
    謹賀新年
    0
      あけましておめでとうございます


      旧年中は飾屋しろがねにご愛顧賜りまして、
      真にありがとうございました。


      本年も何卒よろしくお願いいたします。




      再動!!!




      平成23年 元日

      飾屋しろがね 原田明徳
      17:03 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |
      飾屋しろがねより 今年もありがとうございました。
      0
        今年も一年、飾屋しろがねをご愛顧頂きまして、
        真にありがとうございました。



        今年は、自身再構築の一年になりました。
        年始の目標に近づく為の下地作りでした。


        結果、飾屋しろがねとしては、
        全体的に活動が緩慢になってしまいましたが、
        これも今後のためには絶対必要だったと思ってます。


        来年もの〜んびりお付き合いいただければ幸いです(笑)


        それでは、皆様良いお年をお迎えください。
        08:29 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |
        飾屋の徒然日記〜ラピュタはやっぱり名作
        0
          さっきまで放送されていた天空の城ラピュタ。


          宮崎駿の映画の中で一番好きな映画。
          ナウシカも、紅豚も、魔女宅も、
          あーもう、全部いいんだけど、
          その中でもどれかといわれたらラピュタ。


          それこそビデオで何度も観たし、
          テレビでやる度に観たし、
          音だけカセットに録音して移動中に聞いてたこともあったり。


          ただ、今までは観終わって気持ちいい!!
          いい映画みたーっ!!

          …って感じだったのだけど今回は何故か涙、涙。


          シータとムスカが玉座の間で対決するシーン。
          そこでシータが言う、
          「ゴンドアの谷の詩にもあるもの。
            (中略)
           人は土から離れては生きてはいけないのよ!」


          今、ホントたくさん自然の力を借りているから、
          この台詞が凄く沁みた。


          しっかり根を下ろして生きなさい、って事なんだろうなと。



          心の持ちようか、今までと映画も全然違って観える。

          そんな肌理の細やかな処も、
          宮崎駿の映画ってやっぱ凄いと思う。



          最後の君を乗せてを聴いて、
          思わず高校の時の合唱を思い出してしまったり。




          余談ですが、
          地元のネット局で見てたら、
          ONE×PIECEの映画CMが流れて…

          解る人には解るでしょうけど、
          ルフィーが「シーーーーターーーーーっ!!!」って、
          叫びだすんじゃないかと勝手な想像してしまいましたよ(笑)
          00:10 | 飾屋の徒然日記 | comments(2) | - | - | - |
          飾屋の徒然日記〜寄る年波
          0
            空気が冴え渡る今日この頃。
            皆様いかがお過ごしでしょうか?



            今週頭に、数年ぶりに腰椎捻挫再発…


            ああ、つまり“ぎっくり腰”ですとも。


            自分の場合、それとともに坐骨神経痛まで発症するので、
            座れないわけです。
            痛すぎて。


            腰痛の方はサポーターで何とか凌げるとして、
            この坐骨神経痛だけはどうにもならない。

            変な姿勢で座ると、今度腰痛が余計悪化するし。



            というわけで、今週はまともに仕事が出来ませんでした。


            病院に行くと、整形外科はお年を召された方々ばかり。
            その中で一人ぽつーんと、浮いてるわけですよ。
            その歳で、なんでいるの??みたいな。
            ギプスしてれば別でしょうけどね。
            腰は見た目、普通なんですよ、何とも無いように見えてしまう。


            明日は紹介された整体に行ってまいります。

            それで少しでも改善されればいいんですが・・・
            23:40 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |
            飾屋の徒然日記〜のーべるブラックジョーク賞
            0
              空も空気も秋めいてきた今日この頃。
              皆様いかがお過ごしでしょうか?



              ふ〜む…

              世界一の核保有国の大統領が、
              ノーベル平和賞ですか。



              核じゃなくて、クラスターとか劣化ウラン弾とか、
              代わりに持つつもりでしょうかね?



              そういうことは、
              自国が今までのツケを支払うつもりで、
              攻め込まれることを覚悟してでも、
              まずは自分のところの核兵器を、
              率先して減らすことを実行してからにしましょうよ。



              朝っぱらから、ブラックジョークもいいところです。
              …笑えませんけど。


              茶番だなぁ。




              God Kiyoshiro Imawano "♪JUMP" を聴きながら。
              08:22 | 飾屋の徒然日記 | comments(3) | - | - | - |
              飾屋の徒然日記〜別離は突然。
              0
                日中は久しぶりに暑く感じた今日この頃、
                皆様いかがお過ごしでしょうか?



                皆さんは、携帯電話に愛着はありますか?



                自分は、何よりもまず、色、色なんです!!

                携帯電話は蒼(青ではなく、蒼です)命!!

                機能はホント、電話とメールが出来ればとりあえず良くて、
                カメラの画素とか、i-modeとかはまぁ、どうでもよくて。



                で、今の携帯電話はN-506iのブルーを使っていたんです。
                この色が出るまでひたすら機種変を我慢して、
                ようやく手に入れた、この色。

                ボタンの配置とか、ニューロポインターとか、
                本当に使いやすくて、今までの携帯で一番気に入っていました。

                が、最近傷だらけになって、
                特にカメラレンズのど真ん中に傷が入ったので、
                ガワだけ取り替えてもらおうと、docomoに持ち込んだんです。


                そしたら…

                「水が入っちゃってますね〜」

                えーーーーーーーーっ!!
                衝撃的な一言。


                今の今まで、普通につかえていたのですが、
                確かに電池パック裏の水没シールが滲んでいる。






                あ。


                そういえば今年のフジロック。
                豪雨の中使いまくっていたっけ。
                液晶の中が、水蒸気で曇っていたっけ。

                と、フラッシュバックしたんです。



                で、そうするとガワだけの交換が出来ない。
                しかも、修理対応になるからなんと5万円もかかるとの事。


                …っっって、5万円ですか??????
                さすがにこれには驚いた。



                で、あんしん保険というやつに入っていた(らしい、自覚なし)ので、
                ¥5000円でそっくり交換できる、といわれ、
                喜んだのもつかの間。



                蒼の在庫がない!!!!!!
                どうにかごねてみても、無いものは無く。
                一瞬、もうこのまま使い続けようかと思ったんですけどね。

                でもいつ壊れるか解らないし、
                いつかは別れなければならないので。



                断腸の思いで、取り替えることにしました。




                …ちゃっかりバージョンアップしてN-01Aにね(笑)

                色?
                色は、そのシリーズに蒼が無かったんで、黒にしました。
                ただし。
                ボタンのバックライトとニューロポインタは蒼ですけどね!(笑)
                00:24 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |
                飾屋の徒然日記〜絵を描く
                0
                  こちらでは春の雪が辺りを白く染めております。
                  皆様いかがお過ごしでしょうか?


                  最近読み返した、とある漫画の一節。
                  ある老女が、死の寸前に言う台詞。


                  生まれた時、人は白い画用紙と
                  色とりどりのクレヨンを渡されて、
                  何でも書いていいよといわれる・・・。

                  さて、何を描こうか考えているうちに・・・
                  たっぷりあったはずの時間は過ぎていく・・・

                  ようやく描きたいものが決まった時には、
                  もう変える時間さ・・・

                  描きかけの紙とクレヨンは・・・
                  取り上げられてしまうんだ・・・



                  この老女は、かわいい兎を描きたかったのに、
                  己の復讐の為、
                  気がついたら紙を真っ黒に塗りつぶしてしまっていた。



                  美術館に飾られたり、賞を貰ったりするような、
                  そういうモノを描こうとして必死になる。
                  それが絵だと思い込んで。


                  手本を見ながら。
                  それに近づけるように、追い越せるように。


                  その時点で、既に他人の絵であると気づかない。


                  大切なのは。

                  しっかりクレヨンを握って、
                  手本の画集ではなく、真っ白な画用紙にまっすぐ向き合って、
                  迷わず自分の絵を描くこと。



                  画用紙の真ん中に一本、水色で線を引いて、
                  『そらとうみ』
                  と言っても、
                  それが、必死に考えて力いっぱい描いた線なら、
                  それも立派な絵になる。


                  たとえ描きかけで、取り上げられざるを得なくなっても、
                  いつも目一杯描いていた絵なら、
                  取り上げた神様も、
                  ニッコリ微笑んで、額縁に入れて飾ってくれる。




                  ・・・だから絵を描こうと思う。
                  00:37 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |
                  飾屋の徒然日記〜今年の目標
                  0
                    今日から仕事始めの方が多い今日この頃、
                    皆様いかがお過ごしでしょうか?


                    飾屋しろがねも、平成二十一年は今日から本格始動。


                    飾屋しろがねとして、今年の目標は…
                    [有言実行 不言実行]

                    やると言ったことは必ずやる。
                    やると言わなかったことも必ずやる。
                    とにもかくにも、能動的にこちらから動く。


                    です。


                    個人的に受動的性格なので、
                    飾屋しろがねの活動を通して、
                    自分自身もより良く変わっていこうと思います。

                    もちろん、いい作品もたくさん創っていきますよ。
                    でも、作品は自分の鏡ですから。
                    まずは自分自身がより良い人間になっていかないと。



                    それと、自分の中に留め置く言霊。

                    「百花春至為誰開」

                    意味は…おいおい(笑)



                    先日の漢詩の意味ですが。

                    「春を探しても探しても、春は見つけられず。
                     藜の杖をつき遠くまで歩き回って、空には幾重の雲が流れ。
                     帰って来て試しに梅の枝を手にとって見たら
                     春はすぐ近くに十分あったじゃないか」

                    つまるところ。
                    とかく大きな“幸せ”ばかり探して、
                    それが手に入らないからと言っては、
                    不幸不幸と嘆いているけれども、
                    心の視点を変えてみれば、
                    小さな“幸せ”と言うものは、
                    常に我々の身近にあるものなのだよ。

                    と言うことですね。

                    幸せに大も小も無く、幸せはただ幸せ。
                    それを積み重ねていくことこそ、
                    本当の“大いなる幸せ”に辿り着く道なのだと言う事。

                    日々の心がけ次第。
                    歩々是道場です。



                    今年もたくさんの笑顔に出会えるように。
                    たくさんの笑顔の種を蒔けるように。
                    一生懸命作品を創り続けたいと思います。



                    今年も一年、よろしくお願いします!
                    09:45 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |
                    飾屋の徒然日記〜今年も一年ありがとうございました。
                    0
                      平成20年最後の一日を迎えましたが、
                      皆様いかがお過ごしでしょうか?


                      今年も一年、飾屋しろがねをご愛顧いただきまして、
                      また、様々なご支援・ご声援をいただきまして、
                      真にありがとうございました。

                      心より、お礼申し上げます。


                      今年一年を振り返って見ますと、
                      イベント出展はしませんでしたが、
                      ギャラリーの企画展示を2回と、写真展をやって、
                      いつもと違う見せ方を経験できたのと、
                      委託でお取引させていただけるお店が増えて、
                      常に飾屋の作品を手にとっていただける機会が出来た、
                      というこの2点が大きな事でした。


                      とりあえず、動けよ!
                      …って言うのが、得られた教訓です。


                      なので来年は、もっと色々と展開していくように、
                      自分から動いていこうと思います。


                      とは言っても、自分の本質は見失わず、且つ柔軟に。
                      所謂“水の心”を忘れないように心がけつつ。



                      世の中、不況で雰囲気が暗くなって、
                      当然、自分が創っているアクセなど、
                      正直生活には無くても困らないモノを買っている余裕など無い、
                      そんな時代に一気に滑り落ちてしまいましたが…


                      モノを創っている人間、
                      こういう時こそ踏ん張らにゃあいかんと思うのです。
                      こういう時代こそ、人の心に暖かい“何か”を贈れるような、
                      そういうモノを創るのが自分の役目なのかと思うのです。

                      こういうご時勢ですから、
                      1年に1つしか手にしていただくことは出来ないかもしれません。
                      ただ、自分のサイトや店頭で見ていただくだけかもしれません。

                      でも、それでも皆様の心にふとした何かが生まれたら、
                      まずはそこからだと思います。
                      売れる売れないは一つの事象に過ぎませんから。

                      だからこそ、自分が創るものは常に真剣に、
                      そして限り無く純粋なモノを創っていかなくてはと思ってます。


                      今は何十年周期の大きな波で見れば、
                      そりゃあもうどん底の底かもしれませんが、
                      そんな中でもちょっとした喜びや幸せは必ず在ると思うんで、
                      そういうのを一つ一つ大切にしていけば、
                      いつの間にか底の底から上に上がってるはずです。


                      目に見える空の色は青いまま、
                      それを灰色に見ているのは自分達の心一つ。


                      自分も、まぁ、そうは言っても、
                      「飾り物道」というんでしょうか。
                      アクセを創る事で会得する修行の道の途中ですので、
                      来年一年を通じて、
                      もっともっと人間的に成長させていこうと思っております。


                      それでは、来年も笑顔溢れる年にしていきましょう!!
                      皆様良いお年をお迎えください。
                      08:41 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |

                      09
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      --
                      >>
                      <<
                      --