職人日記

飾屋しろがね職人の原田明徳のブログです。
商品も販売しています。
http://www.kazariya-shirogane.com
<< 飾屋の仕事〜炎と水との対話 | TOP | 飾屋の仕事〜雑誌掲載!&新規取り扱い店舗情報! >>
飾屋の仕事〜空と海の物語、再び
0
    梅雨入り、とはいうものの、
    どっちつかずの天気が続く今日この頃。
    皆様いかがお過ごしでしょうか?

    梅雨空は確かに、どよっとした重い空気ですが、
    それもまた、日本の四季ならでわ、という事でしょう。
    その分、梅雨明けあとのぴかーーーーん、という夏空が楽しみです。



    というわけで。

    そんな待ち遠しい夏空と夏の海を今から想像させるような、
    飾屋しろがねの首飾り3種。

    『空と海の物語』

    ここで改めてご紹介いたします。


    梅雨真っ只中では、これを見て気分だけでも晴れやかに。
    梅雨明け後には、これと同じ空の下、海の中へどうぞ!!!




    切り取った蒼穹
    [切り取った蒼穹]
    ・ベネチアンガラスをフュージング
     3色の青をグラデーションにして、高く澄んだ青空を表現し、
     さらに半透明の白で雲を配しました。
     2枚重ねでフュージングしており、
     1枚目と2枚目で青の比率を少しずつ変え、
     さらに奥にも雲を配することで、空の奥行きと立体感が出ています。


    空と海の触れる場所
    [空と海の触れる場所]
    ・[切り取った蒼穹]と[掬い上げた紺碧]の融合です。
     岬に立って、遥か沖を見渡した時の空から海へと繋がる風景を表現しました。
     全6種類の青のグラデーションが見事です。


    掬い上げた紺碧
    [掬い上げた紺碧]
    ・ベネチアンガラスをフュージング
     全部で4種類の青を、2枚重ねの上下で斑に配置して、
     重ねて焼く事で、見る方向と光の当たり具合で、
     色が微かな変化を起こすようにしました。
     浅瀬のエメラルドブルーから、深海のディープブルーまで、
     海の全ての色を、ひとつの中に閉じ込めました。




    新銘柄「空と海の物語」
    [切り取った蒼穹] 首飾り 
    [掬い上げた紺碧] 首飾り
    [空と海の触れる場所] 首飾り
    全て税込み:¥5,250(本体価格:¥5,000)


    ご希望の方は、
    info@kazariya-shirogane.com
    まで、「発注:空と海の物語[○○○(ご希望の種類)] 」という件名で、
    お名前と返信先メールアドレスを記載の上、送信ください。
    お問い合わせ等ございましたら、同メールアドレスまでお気軽にどうぞ!
    02:40 | 飾屋の仕事 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    05
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --