職人日記

飾屋しろがね職人の原田明徳のブログです。
商品も販売しています。
http://www.kazariya-shirogane.com
<< 飾屋の仕事〜舞う花・弐式 | TOP | 飾屋しろがねより 新年のご挨拶 >>
飾屋の徒然日記〜今年も一年ありがとうございました。
0
    平成20年最後の一日を迎えましたが、
    皆様いかがお過ごしでしょうか?


    今年も一年、飾屋しろがねをご愛顧いただきまして、
    また、様々なご支援・ご声援をいただきまして、
    真にありがとうございました。

    心より、お礼申し上げます。


    今年一年を振り返って見ますと、
    イベント出展はしませんでしたが、
    ギャラリーの企画展示を2回と、写真展をやって、
    いつもと違う見せ方を経験できたのと、
    委託でお取引させていただけるお店が増えて、
    常に飾屋の作品を手にとっていただける機会が出来た、
    というこの2点が大きな事でした。


    とりあえず、動けよ!
    …って言うのが、得られた教訓です。


    なので来年は、もっと色々と展開していくように、
    自分から動いていこうと思います。


    とは言っても、自分の本質は見失わず、且つ柔軟に。
    所謂“水の心”を忘れないように心がけつつ。



    世の中、不況で雰囲気が暗くなって、
    当然、自分が創っているアクセなど、
    正直生活には無くても困らないモノを買っている余裕など無い、
    そんな時代に一気に滑り落ちてしまいましたが…


    モノを創っている人間、
    こういう時こそ踏ん張らにゃあいかんと思うのです。
    こういう時代こそ、人の心に暖かい“何か”を贈れるような、
    そういうモノを創るのが自分の役目なのかと思うのです。

    こういうご時勢ですから、
    1年に1つしか手にしていただくことは出来ないかもしれません。
    ただ、自分のサイトや店頭で見ていただくだけかもしれません。

    でも、それでも皆様の心にふとした何かが生まれたら、
    まずはそこからだと思います。
    売れる売れないは一つの事象に過ぎませんから。

    だからこそ、自分が創るものは常に真剣に、
    そして限り無く純粋なモノを創っていかなくてはと思ってます。


    今は何十年周期の大きな波で見れば、
    そりゃあもうどん底の底かもしれませんが、
    そんな中でもちょっとした喜びや幸せは必ず在ると思うんで、
    そういうのを一つ一つ大切にしていけば、
    いつの間にか底の底から上に上がってるはずです。


    目に見える空の色は青いまま、
    それを灰色に見ているのは自分達の心一つ。


    自分も、まぁ、そうは言っても、
    「飾り物道」というんでしょうか。
    アクセを創る事で会得する修行の道の途中ですので、
    来年一年を通じて、
    もっともっと人間的に成長させていこうと思っております。


    それでは、来年も笑顔溢れる年にしていきましょう!!
    皆様良いお年をお迎えください。
    08:41 | 飾屋の徒然日記 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    08
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --