職人日記

飾屋しろがね職人の原田明徳のブログです。
商品も販売しています。
http://www.kazariya-shirogane.com
<< 飾屋の素〜幸福写真 | TOP | 飾屋の仕事〜炎と水との対話 >>
飾屋の素〜田舎へ行こう
0
    連休もあと少しで終ろうと言う今日この頃。
    皆様いかがお過ごしでしょうか?



    自分の連休は流行に乗って、
    インフルエンザにかかってみたりしました…

    ここ数年、年1回はインフルエンザにかかっているので、
    予兆みたいなモノは解っていたのですが、
    今回はギリギリまで気がつかず。

    まぁでも、早いうちに病院に行き、
    タミフルを飲めたお蔭で、すっかり良くなりました。
    ホント、劇的に効きすぎるんで怖いくらい。

    あ、ちなみに新型ではありませんでしたよ。
    ただ、今までには無かった採血検査や書類への記入なんかあって、
    やっぱり敏感になってるんだなぁと実感しました。




    なので。

    高熱で夢でも見てるんだと思いましたよ…。

    携帯のニュースで見たんでね。

    いや、熱の下がった今でも。



    熱烈なファンでは在りませんでしたが、
    フジロッカーとしては、無くてはならない人。

    まさか’05の苗場が最後になろうとは。
    去年だって叶わなかったけれど、
    復活すると発表になったから、
    1/3は、無理してチケット取ったようなもの。


    今年も、これからきっとラインナップに上がってくるんじゃ、
    なんて期待をしていた矢先の訃報でした。


    フジロッカーなら、誰しも。
    フジロック初日、金曜の朝10:30頃から流れる、
    「田舎へ行こう」
    を聴いて、
    今年も苗場に帰ってこれた喜びを実感する。
    これから始まる天国のような3日間にわくわくする。


    今年も、自分は行きますが、
    涙なしに、聴ける自信がありません。


    あなたはもういないけれど。
    あなたが好きだったフジロックも、
    ロックンロールも続いていきます。


    ジョー・ストラマーの時もそうだったように、
    フジロッカーでい続けることで、
    ジャンルを超えて、
    本当にロックンローラーに近づこうとし続けることで、
    弔いにしたいと思います。

    「愛し合ってるかい?」って、
    その意味がちゃんとわかって、
    いつか自分も、そういえる日が来るように。



    58年のロックンロール、お疲れ様でした。
    キヨシロー!!
    21:22 | 飾屋の素 | comments(1) | - | - | - |
    コメント
    『ぼくの好きな先生』は高校の時の美術の先生でした。

    私も特別ファンではないけれどこの歌は特別な歌です。

    2009/05/06 10:48 PM by 会長
    コメントする











    05
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --