職人日記

飾屋しろがね職人の原田明徳のブログです。
商品も販売しています。
http://www.kazariya-shirogane.com
<< 飾屋の素〜田舎へ行こう | TOP | 飾屋の仕事〜空と海の物語、再び >>
飾屋の仕事〜炎と水との対話
0
    まるで一足飛びに梅雨明けのような今日この頃、
    皆様いかがお過ごしでしょうか?



    私はといえば、そんな暑さの中、
    新作の試作中であります。


    試作、と言っても殆ど方向性も何もかも決まっていて、
    後は創るだけです。



    写真のように、
    今回の新作は炎と水との対話によって出来上がります。

    火との対話

    銀を溶かす炎の強さ、色、音…
    その銀を冷やす為の水の温度、色、音…


    わずか1ミリの差。
    わずか10度の差。


    この瞬間は間違いなく、
    この地球に存在するモノ同士の対話があり。

    二度と生まれない形が、
    間違いなく形となって現れる。




    やはり自分は、なんと言うか…。

    ワックスで創りこんで創りこんで、
    型を取って、というワックスカービングよりも、
    地金をその意思に任せて出来る形をアクセにする方が、
    やっぱり性に合っているようです。
    決して同じ形が出来ない、という所に、
    無性に魅力を感じてしまう。


    石も、もちろんこの世に同じ石は一つとして存在しませんが、
    ルースの物よりも、
    ちょっと歪でも、採れた原石の形が生きてる石とか、
    採れた原石をそのまま銀と組んで創る方が好きです。
    地球から生まれた、生命力とか力強さがある。
    石については、そのうちまた書くつもりですが、
    そういう石を使った一点ものも創りたいです。
    23:32 | 飾屋の仕事 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    05
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --