職人日記

飾屋しろがね職人の原田明徳のブログです。
商品も販売しています。
http://www.kazariya-shirogane.com
<< 飾屋の仕事〜イラストレーターとコラボ!!! | TOP | 飾屋の素〜アート縁日@ヨコハマポートサイド地区 >>
飾屋の徒然日記〜のーべるブラックジョーク賞
0
    空も空気も秋めいてきた今日この頃。
    皆様いかがお過ごしでしょうか?



    ふ〜む…

    世界一の核保有国の大統領が、
    ノーベル平和賞ですか。



    核じゃなくて、クラスターとか劣化ウラン弾とか、
    代わりに持つつもりでしょうかね?



    そういうことは、
    自国が今までのツケを支払うつもりで、
    攻め込まれることを覚悟してでも、
    まずは自分のところの核兵器を、
    率先して減らすことを実行してからにしましょうよ。



    朝っぱらから、ブラックジョークもいいところです。
    …笑えませんけど。


    茶番だなぁ。




    God Kiyoshiro Imawano "♪JUMP" を聴きながら。
    08:22 | 飾屋の徒然日記 | comments(3) | - | - | - |
    コメント
    茶番ですかね?

    私にはそうは映らなかったですけどね。

    世界が変わり始めた大きな一歩だとおもいましたけど。

    平和な世界を。と至極当然の事を
    今までは誰も堂々と宣言しなかったけれど

    やっと宣言したわけです。

    その宣言に対し
    全てが動き始めたわけです。


    行動から始まることばかりではありません。

    強い決心から、始まることもあるのだと
    私は改めて感じた素晴らしい出来事だと思いました。
    2009/10/26 3:37 PM by 花村
    >花村様

    ご意見ありがとうございます。

    ですが、自分は両手放しで素晴らしいとは思えません。


    今まで何千、何万の人たちが、
    核廃絶を訴えてきたでしょう。

    ではなぜ、彼だけが宣言だけでノーベル平和賞を授与されたのでしょう?


    自分は、アメリカという国自体が、
    「平和」や「自由の維持」という名目で、
    自分達の価値観を、武力を持ってしてでも押し付けていく国であると考えてます。


    核の無い世界、
    戦争という手段ではなく、話し合いで解決できる世界、
    それは自分も理想だと思います。

    ですが、今のアメリカに、そこまで出来るの耐力があるとは思っていません。

    だから、自分は茶番だと思ったんです。


    もちろん、この先現政権で、このノーベル賞授与に恥じぬ方向へ向かっていくか、
    注意深く見ていかなければ、と思います。
    2009/10/27 11:18 AM by 飾屋しろがね
    オバマさんだから良かったのです

    オバマさんでなければならなかったのです。
    彼だから世界を巻き込めたのです

    これは決して茶番などではなく
    もっと大きな視野からの意図です

    あの平和賞は
    人々の意識を今まで以上に
    平和に向ける為です。
    興味を持たせ

    素晴らしい事だ。
    協力していこう!と世界中の人々を覚醒させる為です。

    アメリカやオバマさんが
    世界を平和にするのではありません。


    時代が変わり始めたことを
    世界に知らせる為。
    そして、その事に気づかせる為です。
    2009/10/27 3:18 PM by 花村
    コメントする











    04
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    --
    >>
    <<
    --